業務視点から経営視点に視座を変える:経営学研修シリーズ

※画面、右下のアイコンで、フルスクリーンモードでご覧いただけます。

経営学研修シリーズ_紹介資料←こちらからPDFファイルを表示、印刷できます。

■この研修シリーズの目的

 自己の組織を経営体と捉える視座の転換を図り、組織ビジョンや業績向上策の構築、及びマネジメント・リーダーシップの発揮ができるようになること。

  • このシリーズの最上位のねらいは、「組織」の捉え方を、「業務の場」から「経営体」となるよう視座を変えることです。
  • そして、その自己の組織=経営体の持続的発展ができるよう組織ビジョンや業績向上策の構築、またマネジメント・リーダーシップを発揮できるよう数回の研修に取り組み、本質から理解し、本質から自己変容します。

■この研修の一連の流れ(全6回シリーズ)

【第1回】

  • オリエンテーション(目的等)
  • 「私の使命・役割」とは(ミッション リーディング)
  • マネジメントとリーダーシップ
  • *レクチャー、演習(演習のフィードバックと弱みの再レクチャー)
【第2回】

  • 論理的、創造的な考え方
  • 問題解決と組織のPDCA
  • *レクチャー、演習(演習のフィードバックと弱みの再レクチャー)
【第3回】

  • ビジョン構築、戦略とマーケティング
  • *レクチャー、演習(演習のフィードバックと弱みの再レクチャー)
【第4回】

  • メンタリングとコーチング
  • *レクチャー、演習(演習のフィードバックと弱みの再レクチャー)

【第5回】

  • ファシリテーションとプレゼンテーション
  • 他、各状況におけるコミュニケーション
  • *レクチャー、演習(演習のフィードバックと弱みの再レクチャー)

【第6回】

  • 自組織のビジョン・戦略・計画等の報告会
  • *発表と発表内容のフィードバック、今後に向けて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


企画紹介一覧