今月の特集:日本綱渡り時代の人事

ヒューマンマネージコンサルティング株式会社
人材総合コンサルタント 研修トレーナー
眞下 仁(ましも ひとし)
◇ホームページ www.hm-consul.co.jp ◇お問い合わせ info@hm-consul.co.jp

新年、あけましておめでとうございます。

皆様、お正月はどのように過ごされましたでしょうか。一年の計を元旦に考え、半期・四半期の計を期初に考え、3年・5年の計を中期経営計画で考えとマネジメントサイクルが基本のビジネスの世界では、計を考えることが頻繁ですが、それでもある区切りで次を考えると気持ちが新鮮になるなるもので、マネジメントサイクルなどと言う堅苦しい言葉でなくとも、段階毎に次を考える、そういう習慣の繰り返しはいろいろな意味で良いことなのかもしれません。

さて、昨年も社会にはさまざまな出来事があり、また、さまざまなトレンドが生じました。年末近くに政権交代があり、じわりじわりと平均株価が上昇し、円安になる傾向も見られました(「傾向」と言うには、時期尚早かもしれませんが)。しかし、それでも、日本社会には課題が山積みで、決して今の日本の景気・経済、産業、株式、為替、金利、財政、雇用等々を楽観視できる方は、先ずおられないことでしょう。私も全く同感、今も今後も、日本には不安材料ばかりです。

しかし、日本は地に落ちていない。むしろ、取り組み方次第では、日本は活力を取り戻し、私たちがあたらしい原動力を創り出し、日本を持続的な成長に軌道化することも出来なくはないとも思っています。とは言え、まだまだ、進むべき道筋が明確でない、探りながらの「綱渡り」であることは確かです。

この日本の現状、今を『日本綱渡り時代』と称したいと思います。

『日本綱渡り時代』がある程度、続くのはやむを得ないかもしれません。何せ日本には、マスコミの言葉を借りれば「失われた〇〇年」を断続的に経験してしまったのですから。バブル経済の後、リーマンショックの後・・・。

私たち、ヒューマンマネージコンサルティングでは、コンサルティング業、研修業を営む以上、この「日本綱渡り時代」の中で、企業人事、人材・能力開発はどうあるべきかを考えなくてはなりません(というか必須、当然のことですが)。

ということで、数回の特集を通じて、企業人事、人材・能力開発の一般的なトレンドを紹介しつつ、また更に今後どうあるべきかを提言して行きたいと思います。具体的には、

  1. 人事制度(評価、賃金・報酬)
  2. 企業研修
  3. コンピテンシー
  4. 組織活性化策
  5. 採用

などのテーマに分け、今年、順次、紹介してまいります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


特集記事一覧