※各社様において、特徴・実態は異なるものです。一律のカテゴリーや方法により解決は難しいことから、これらは全てご依頼により企画を策定、お打ち合わせの機会をいただいた上でカスタマイズいたします。

研修

ワークショップ

ワークショップとは、元来は、「工房」「作業場」といった、協働で作業を行う場を意味します。トレーニングの手法としては、参加者の交流や意見の出し合いなどを通じて、学習に留まらず、集合知を活用しての創造、合意形成の場として活用されるものです。ワークショップでは、ファシリテーターと呼ばれる進行役(研修におけるトレーナーに該当)が、参加者に自発的に作業をする環境を提供し、あるアウトプットを創り出せるよう対話を通じながら側面から支援します。